■プロフィール

キリン

Author:キリン
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
ブランデー梅酒 2016
毎年恒例の梅酒作り始めました。
今年は、梅に「古城」1kgと、「南高梅」1kgを使いました。
お酒は、主に、サントリーのVSO、NikkaのVSO。
アクセントにスピリタス(アルコール96度のウオッカ)、ポールジローのオー・ド・ヴィーをブレンド


梅は、大きいほうが南高梅(左)、小さいほうが古城(右)

梅にはこだわっており、やはり、古城のほうが、酸味のきれいな梅酒ができ、香りもそれなりに良いです。
南高梅のほうは全体的なバランスがよく、甘み、コクはやっぱり南高梅。
総合的には南高梅のほうが素晴らしいのですが、個人的には、混ぜたほうが味に深みが出る、
よりバランスが良いので混ぜるようにしています。
あと、20%くらいは冷蔵庫で保管せず、追熟させています。
追熟は、大手酒造会社が特許を出願していた手法で、
酸味や香りがそのままに、甘みを引き出す手法です。(木の上での完熟とは違った味)

去年漬けた梅酒や、それ以前からの梅酒が残っているので、
それらを味を調えながら混ぜて約1リットルの梅酒を確保。
我が家の手法として、そこに、梅を500グラム、砂糖250グラム、スピリタス100、オー・ド・ヴィー100、VSOを300追加してつけました。(味の調整はしたのですが、若干梅感が足りなかったので少し多め(しかも古城を少し多めに))
毎年、半分飲んで半分継ぎ足し漬け込みをおこなっており、今年で、、、7年目くらいです。
結構古い成分が入っていますね。
あとは、割と適当に作りました。


家で作ると、スピリタスやオー・ド・ヴィーを使うので、アルコール度数が高い、濃い梅酒が作れます。
出来上がり30度以上は確保してるかな。
市販だと、こうはいかないですからね。







スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

オリジナルのお酒 | 10:36:37 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad